3Dスキャナー導入

橋本歯科医院では、歯の状態をデジタルスキャンしています


橋本歯科医院では、口腔内専用3Dスキャナを導入しました。
これによりデジタルデータとして患者さまの患部状況を取得できます。
歯の形は微小な差異が生じても、噛み合わせや舌の触れ方に違和感が生じることが往々にしてあり、技工物をセットする段階でも、その調整に時間がかかる場合がありましたが正確なデータが測定することで、その時間を短縮することができます。

スキャンデータと写真の比較


患者様の歯の状態は千差万別ですので、正確な状況把握が欠かせません。
立体的に歯の状況を短時間に取得できることで、治療が早く正確に進行します。

患者さまのメリットとして

  • 3D画像で患者さま自身でも口腔内の状況が把握しやすい
  • 型取り時に印象材(シリコン)硬化まで口腔内で保持する時間が無くなる
  • デジタルスキャンで従来の型取り方法よりも正確
  • 技工物セットまでの時間短縮
  • 色調までデータ化できるので色合わせも可能(こちらのみ自費診療)
  • 健康保険適用の白いかぶせもの「CAD/CAM 冠」ができます(従来は銀歯)

健康保険適用の白いかぶせもの「CAD/CAM 冠」について

CAD/CAM 冠とは

従来の銀歯に比べて目立ちません。
また、自費診療と比べて費用も抑えることができます。

金属アレルギーの心配なし

金属を使用しないので、金属アレルギーでお困りの方も、安心して使用できます。

健康保険が適用できる歯について

患者さまの歯の状態により、上記が適用されない場合もあります。当院にてご相談ください。